コンテンツにジャンプ

ホーム >取材情報 > 栄工社

栄工社

福山で働いている方のインタビュー

株式会社栄工社 代表取締役社長

唐川 正明 さん

技術を人と社会のために

  • 知事表彰

    平成28年度中小企業振興功労者
    (広島県知事表彰)を受賞
    広島県東部機械金属工業協同組合において、
    後継者や若者経営者の育成のために、
    技術力強化・伝承を目的に経営力強化
    人材育成事業を展開しました。

  • IT経営実践認定企業

    IT経営実践の取り組みが評価され、
    「中小企業IT経営力大賞2009」(経済産業省主催)
    「IT経営実践認定企業」として認定されました。

  • 展示車の図1

    いつでもどこでも、取引先の担当者に商品の魅力を
    身近で体感してもらう展示専用車。

  • 展示車の図2

    説得力のある提案を実現する強力な営業ツールの一つです。

唐川正明社長の写真

株式会社栄工社 代表取締役社長

唐川 正明さん

お客様がやりたいと思っていることを一緒に考えて課題を解決していくため、制御機器メーカーの商品×自社技術×提案により、時代の先を見据えた付加価値のあるモノを提示することを栄工社のモノづくり技術の強みとしています。

また、社内においても、常に進化を心がけ、顧客の製品の高度化や生産性の向上を目的に日本初のシステムの導入や、IT化が遅れていた部流管理でバーコードの活用、可動式タッチオアネル端末の導入など、作業工程の簡素化、スピード化により生産性の向上に努めています。

しかし、技術だけではなく、「企業の一番の財産は人材、社員」の想いが強く、社員には経営の状況などを開示し情報を共有したり、今後の方向性についても社員と共に考え、想いを共有し、会社運営を進めています。

現場の声

桜井さん

職場の雰囲気はどうですか?

環境システム部桜井 孝子さん

お客様に厳しいことを言われたり、困ったことが起きた時に、上司が声を掛けてくれたり、仲間がフォローしてくれます。協力し合える「関係性」と「環境」が整った魅力的な職場です。

取材を終えて

取材した学生の写真

ぼくたちが感じたこと

今回のインタビューに参加して感じたことがある。 それは福山には日本や世界に通用するような企業があり、ものづくり企業が多く、オンリーワン・ナンバーワン企業があることだ。
また、唐川社長が言われた「企業は人ありき」が印象に残っている。従業員を第一に考え経営されている。また、付加価値をどのようにプラスするのか考えて経営されており、他企業との差別化が出来ていると感じ、これからのビジョンが明確だったように感じた。